« ニコ動見た? | トップページ | 久しぶりの天ぷら »

2012年9月27日 (木)

つどいは楽し

Photo_5街頭からの訴えだけでなく、つどい(小集会)にも参加しています

25日、26日と富士市でたてつづけに3つのつどいに参加しました。25日夜は、7月7日に富士市で開催された「紙のまちを考えるシンポジウム」の反省会&懇談会。

パネラーをしてくださった春日製紙会長の久保田さんをはじめとして、市内の製紙業者の方々も参加してくださいました。

「デフレで低価格競争になっているなかで、トイレットペーパーも大手スーパーなどの『言い値』で売らざるを得ない。1パック12ロールで198円では利益が出ない」「地元の中小企業は従業員の雇用を守るのに必死でやっている」など、きびしい現状についての発言。

また、「紙のまち富士市」の地場産業の元気をとりもどすために、どんなことができるかなどについても、活発な意見交換がされました。シンポよりも、さらにざっくばらんな本音トークで、とても楽しく、また勉強になりました。

Photo_3 26日午前は支部主催のつどいです。

はじめに、私から日本共産党が提案している「消費税に頼らない別の道がある」のパンフの内容を中心に話題提供。

そのあとは参加されたみなさんとフリートーク。年金のことから世界経済まで、とめどなく話題が広がります。

「共産党にいっぺんやらせてみてもいいね、4年くらいは」という発言も。

「そうですよ、前回ウッカリ『民主党』って書いちゃった人が今度は『共産党』と書けばガラッと変わるんですから」と私。

Photo_4 夜は支部との懇談。

実家の島田市の川根地区出身の方がいらして、超ローカルな話に花が咲いたり…。

ここでも、生葉の価格が下がり、お茶農家がたちゆかなくなってやめていく話、そういうなかで、これまで農協推薦の自民党しか目に入らなかった農家も考えが変わってきたこと。

共産党のいうことが理解されやすくなってきたことなど、これまた多岐にわたる話題で盛り上がりました。

参加されたみなさんからいろいろなお話を聞けるつどいは本当に楽しいです。みなさんのところでも、ぜひ呼んでください!

« ニコ動見た? | トップページ | 久しぶりの天ぷら »

活動報告」カテゴリの記事