« 仁田区民大会 | トップページ | 金は天下の回り物? »

2012年9月 5日 (水)

オスプレイ来るな!

Photo_2活動報告をなるべくまめにお伝えしたいと思っています。当面は ブログを始める前の活動などについても報告します。

仁田区民大会があった9月2日に御殿場中央公園で「来るな!オスプレイ9.2県民集会」が開かれました。500人が集まり、集会終了後には雨の中をJR御殿場駅までパレードしました。(行けなくて残念です)

6月22日、防衛省に「配備反対・キャンプ富士での訓練計画撤回」を要請

右隣は井上哲士参議院議員。日本共産党基地対策委員会責任者の小泉親司さん、裾野市議の小沢良一さん、同じく岡本和枝さん、小山町議の高畑博行さんも同席しました。

(この時にはMV22オスプレイに「オートローテーション機能はある」と答えていたのですが…)

Photo_3

7月28日、「オスプレイ緊急学習会」で報告

御殿場市民会館で開かれた学習会に参加し、防衛省交渉の報告をしました。

御殿場市の職員や他党派の議員などを含む70人が参加しました。参加者からは「いまでも、米軍のへりの操縦者の顔が見えるくらい低空で飛んでいる」など、危険なオスプレイへの不安の声が出されました。

詳しい内容は『議会と自治体』9月号の特集「オスプレイの配備撤回を」に載っています。

(地域のお祭りなどが重なって集まりがどうかなと心配しましたが、会場いっぱいの参加者で関心の高さが伺われました)

Photo_4

8月10日、県知事に「オスプレイの配備中止とキャンプ富士での飛行訓練中止を政府に求めること」を要請

県庁で川勝知事に面会し「キャンプ富士のある地元でも低空飛行訓練は受け入れられないと言っている」ことなどを訴えました。

川勝知事も「墜落の危険がある機体の訓練を人口密集地で行なうべきでない」と語りました。

「事故は人的ミス」?

オスプレイは米国本土でも訓練を中止するようなシロモノです。「人的ミス」にゼロはありえません。もし墜ちても「運が悪かった」ですますつもりなのでしょうか。国民の命と安全より米軍優先なんて、いつまで時代遅れの軍事同盟にしがみついているつもりなんでしょうか。

« 仁田区民大会 | トップページ | 金は天下の回り物? »

活動報告」カテゴリの記事