« 2連続演説会 | トップページ | 電車で… »

2012年10月10日 (水)

どっちもイヤだ!

2_2新聞各社が、世論調査をおこない、その結果を発表しています。

民主党の支持率が大きく下がり、自民党の支持率が持ち直してきているというのが、大方の傾向のようです。

そんな時「経団連の米倉会長が安倍総裁と会談」というニュースが流れました。

野田首相が就任したときに、まっ先にあいさつに出向いたのが米倉会長のところでした。

結局、財界は自分たちの言うことを聞くところなら、どこでも利用するわけなんですね。

財界の言うことを聞く政治とは、消費税は増税、原発はやめない 、オスプレイ配備は必要(日米安保が一番大事)ということで、自民・民主、どちらも違いはありません。

みんな国民の願いと正反対のことばかり。どちらに政権をとらせても、国民の99%をしめる、私たちフツーの庶民にとって希望が持てる政治にならないことはハッキリしています。

民主か自民か、どちらかにしなくちゃいけないなんて決まりはないわけですから、「どちらもいやだ!」という意志を示しましょう。自分たちのためになる政党を大きくすることで政治を変えていけるのです。

日本共産党は筋金入りの庶民の党です。また、選挙のときだけ威勢のいいことを言って、選挙が終われば手のひらを返すようなデタラメな党ではありません。「国民が主人公」の暖簾(のれん)を守って90年、いわば「民主主義の老舗(しにせ)」です。国政のどんな問題にも、庶民の立場で解決する政策を持っています。

庶民の味方、労働者の味方で、ゼッタイにぶれないのは、どう考えてもやっぱり日本共産党しかないんです。

« 2連続演説会 | トップページ | 電車で… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事