« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

手ごたえ

Photo昨日(29日)は富士駅頭で7時から朝宣伝。
すっきりと晴れましたが、とっても冷たい朝で、しゃべっていると口が回らなくなるほどでした。
チラシの受け取りもよく、わざわざ引き返してきて受け取る人や、配っている人に「もっと消費税のことをしゃべってくれ」と声をかけていく人があるなど、今までにない反応です。
反応は日を追うごとによくなり、手ごたえを感じています。

続けて午前中は、吉原方面に街頭宣伝。
どこでも家の外に出て聴いてくれる人、通りかかる車の中から手を振ってくれる人があります。
思わずマイクを持つ手に力がこもります。

Photo_2 午後は三島に戻り、金子三島市議、塚平函南町議と一緒にJA三島函南の各支店を訪問。TPP断固阻止の一点共闘の申し入れをしました。
事務の女性職員のみなさんが(あーテレビに出てた人だ~)と言う感じでニコニコ対応してくれます。
心の中で「ぜひ、応援してね!」と声をかけました。

「生活」が解党して「日本未来の党」に合流するとか。
(そういえば、前にも「新進党」とか解党合流の党があったような…。今では影も形もありませんね)

2012年11月29日 (木)

日替わりメニュー

1 「よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとどまりたるためしなし」
このところ毎日のように政党が消えては生まれ、生まれては消えて公示直前までどうなるかわからない混沌とした状況になっています。

これは「二大政党」対「第三極」という虚構の対決軸が、世論によって崩されつつある現れではないでしょうか。
政党に「原発ゼロ」「消費税増税反対」を言わなければ選挙に勝てないと判断させたのは世論の力です。

しかし同じようなことを言う政党が増え、違いがわからないと、どこを選んでいいか有権者も迷ってしまいます。

2 こんな時こそ、90年の風雪に耐えて変質しない「ホンモノの政党」、国民のなかにしっかり根を張る党、国民が主人公の立場でぶれない党、日本共産党をしっかり選んでくださいね。

日本共産党こそ国民を裏切らない、国民の一番の味方なんですから!

素のまんま

4 昨日(28日)は午前中、塚平育世町議と函南町内のJAを訪問、申し入れをおこないました。
日本共産党は「TPP断固阻止」の一点共同を呼びかけてきましたが、ここにきてJAが「脱原発」を打ち出したことから、二点共同に発展してきました。

午後は富士市委員会事務所で記者会見
(カメラがたくさんあって、どこをみてよいやらわかりません)
もともとの目的は「横顔取材」とのことでしたが、後半は経済や政党の状況についてなど硬い話に傾いた気がします。
ハッタリを効かすのは不得意で、素(す)のままでしか対応できない私です。
(いっぱい訊かれても、記事になると8行とかで、もうちょっと何とかならないかと…)

夜は2つの後援会の行事に参加。食事しながらの懇談は、やっぱり元気が出ます。

2012年11月27日 (火)

草の根の

5 「さあ、選挙だ!」となって、一気に党員の皆さんの活動が活発になりました。

昨日は朝から雨降りでしたが、早朝の駅頭宣伝にも多くのみなさんが参加してくれました。

午前中も三島の支部のみなさんが雨に濡れながら、街頭宣伝をサポートしてくださいました。

私自身もグショグショに濡れてしまいましたが、心はホッカホカになりました。

5_2 こんな時、日本共産党って一人ひとりの党員が、心ひとつに力を合わせて活動する、まさに草の根の党だと実感します。

地面にしっかり張った根っこを持たない浮き草のような党とは訳が違うんです。
(写真は19日撮影)

盛り上がって

Photo_2 25日(日)は後援会の行事がめじろ押しの一日でした。

朝一番は三島の支部の決起集会、私はあいさつだけで失礼しましたが、その後すぐに行動したとのこと。

昼は地元函南の後援会の芋煮会に参加。いのしし汁に芋ご飯、おいしい漬物に珍しい冬瓜(とうがん)のジャムなど、お腹いっぱいいただいてエネルギーチャージ!

午後は三島で2ヵ所のつどいに参加しました。
参加された方から「もう、共産党しかないから頑張ってもらいたい」「石原維新も安倍自民党も物騒な発言を繰り返して、本当に危ない」「訳のわからないことを言っていて、庶民のくらしなど全く目に入っていない」など、さまざまな発言がありました。
(望年会を兼ねたつどいでは、夕飯のおかずまで持たせていただいてありがとうございました)

選挙まぢかとなって、いよいよ盛り上がってきましたよ~!

ハードな一日

Photo 24日(土)は雨交じりの寒い一日でした。

御殿場市内で高木理文市議とともに街頭宣伝、2ヵ所でつどいに参加しました。
ある方が「『私は共産党にする』と言うと、相手のほうから『そうだね、まともな党は共産党だけだものね』『政党助成金ももらってないんだってね』と返って来る」とおっしゃっていました。
政策も、もちろん大事ですが、日本共産党の値打ちそのものに気づいてもらえば支持が広がるということです
集まって下さったみなさんの顔がいきいきと輝いて、私も大いに勇気づけられました。

雨の中、車で富士に移動して夜の部のつどいに参加。
函南から転居されたご夫婦がいらして「○○さんによろしく」とうれしい交流がありました。
そんなこんなで帰宅は10時をまわってしまいました。

早朝の新聞配達にマスコミ3社の取材もあって、なかなかハードな1日でした。

2012年11月26日 (月)

超多忙

さすがに忙しくなってきました。ブログの更新が大変です。

2012年11月25日 (日)

イメトレ

Photo スポーツなどでは「イメージトレーニング」が取り入れられています。
そこで私も、総選挙後「共産躍進・議席倍増!」「消費税増税・原発再稼動にノーの審判!」の見出しが一般新聞におどるのをイメージして「がんばるぞ~!」と気合を入れています。

いま民主党が内部崩壊、自民党化するなかで、自民党安倍総裁は「次期首相確実」かのようにふるまっています。
「安倍首相再登板」なんて冗談ではありません。
さらに「第三極」という歴史を逆戻りさせる勢力が台頭しています。
Photo_2 その一方、反原発など国民の運動も大きくひろがっています。
憲法改悪・庶民いじめの悪政復古なんて、断じて許すわけにはいかないではありませんか。

まさに新旧勢力の激しいせめぎ合いのなかで、日本共産党の躍進こそが新しい時代を切りひらく唯一の力になります。
私も全力をつくして頑張り抜きます。
みなさんの大きなご支援をお願いします。

日本共産党函南町後援会ニュースより

2012年11月22日 (木)

桃太郎は鬼退治

Photo 今日は裾野市内で街頭宣伝。

岡本和枝市議、小沢良一市議と支部、後援会のみなさんがサポートしてくださいました。

宣伝の最中に通りかかった若い男性が「おおば桃子って芸名ですか?」と訊いてきたそうです。
別のところでは「桃子ってかわいい名前ですね」とも言われたとのことです。
なんだか妙に名前が話題になった一日でした。

1 私の名前は誕生日(3/29)に桃の花が満開だったことから父が名付けたと聞いています。
「桃子」という名前は当時としてはとても珍しい名前でした。
最近は「子」のつく名前の中では人気があるらしいのですが、昔は花の名前は「散る」を連想するので避けていたのだそうです。

「桃の花は邪気を払う」といういわれがあって、桃の節句に飾られたり、鬼を退治する桃太郎につながっています。

現代の鬼は庶民いじめの悪政です。「桃太郎は鬼退治、おおば桃子は悪政退治!」でがんばります!

2012年11月21日 (水)

TPPで申し入れ

1_2 今日も富士市内で街頭宣伝です。

ゲートボールをやっていたシルバー世代のみなさんの近くで演説。
「ありがとうございました~!」と手を振ると「がんばって~」と手を振って応えてくださいました。

午後は西村綾子市議とともに、森林組合、JA富士、富士市建設業組合を訪問。

森林組合では、県の森林税で行なう補助事業の使い勝手が悪いこと、バイオマス発電に端材の活用が言われるがコストの問題があること、さらに日本の林業の将来などについても話がはずみました。

Photo_2 農協では、にわかに争点化されてきたTPPの問題で協力、共同の申し入れをしました。
理事さんは「志位委員長は大会にいつも来てますね」と話題に。
「ストップTPP]のポスター掲示については役員と相談してくださることになりました。

TPP推進派は「自由貿易は島国日本の生きる道」のようなことをいいますが「日米強欲企業栄えて、民ほろぶ」というのがTPPの本質です。
本当に、どこまでアメリカいいなりを続けるつもりなんでしょうか。

アクセス急増!

Photo 昨日、ブログへの訪問者、アクセスがいきなり増えて、前日の5倍超に達しました。

それとともに誹謗、中傷のコメントが流れ込んできました。

私自身も不快ですが、読まれる方もいやな気持ちになると思い、コメントを受け付けるのをやめる事にしました。( とても残念です…)

2012年11月20日 (火)

地道に

1 昨日は1日じゅう街頭宣伝でした。

朝7時にJR函南駅で塚平町議と後援会のみなさんと約10分、下り電車にとび乗って三島駅へ。
7時半からは三島駅南口で金子町議と後援会のみなさんとともに8時まで。

三島から再び電車で吉原駅へ。
後援会のみなさんと富士見台団地を中心に夕方まで街頭から訴えました。

駅頭宣伝では「いつもよりビラの受け取りが良かった」「いつもは取らない人が受け取ってくれた」との報告。

Photo やはり、いよいよ選挙ということで関心が高まってきています。
共産党は財政を自前でやっているので、テレビCМができるほどのお金はありません。
前時代的と言われても、街頭から地道に訴えていくのが基本です。

民主党が政党助成金を使ってテレビCМを流し始めました。「今と未来に誠実です」って、「過去は不誠実でした」からね。

2012年11月19日 (月)

第三極右?

2 またまた始まりました、マスコミのミスリード報道。民主か自民か、第三極は?」の立場で、橋下氏、石原氏の動向を最重要事項のようにとりあげています。

衆議院が解散して総選挙をするというのは、いったん「ご破算に願いましては…」でリセットするということ。
有権者がどの政党を選択するかは全くの自由意志によるもので、マスコミやらにとやかく言われる筋合いではありません。

だいたい「第三極」というなら、民主・自民についで議員数が多かったのは「国民の生活が第一」のはずです。
ところがマスコミは「生活」について、ほとんど報道しません。
日本共産党にいたっては無きに等しい扱いです

Photo 「民主党に裏切られ、もう自民党にはもどりたくない」という国民を「石原・橋下維新」に誘導する意図がアリアリです。
民主党→自民党化、自民党→右傾化、維新→極右と、この3党はどれも国民を苦しめてきた「財界中心、アメリカいいなり」という従来の自民党型の政治の流れです。
この流れに国民の希望を見出すことはできないのではないでしょうか。

これらの古い政治の対極にあるのが日本共産党です。いまの行きづまった政治を、国民の立場で突き破るビジョンをしっかり持っています。
いま、その内容を伝える新しい赤旗号外をみなさんのところに一生懸命届けているところです。

(それにしても維新のメンバーは見事に「上から目線」の人ばかり。庶民の苦しみなんて理解できようもありませんね)

2012年11月18日 (日)

雨ニモマケズ

Photo 衆議院が解散、明けて第1日目。昨日とうってかわった雨降りの中、高橋公一伊豆の国市議とともに街頭宣伝に出ました。(17日記)

まだ小降りのうちは家から出てきて「いよいよだね、頑張って!」と声をかけてくださる方、宣伝カーに手を振ってくださる方がありました。

ところがお昼前には雨脚がかなり強くなって、さすがに人の姿が見えません。
(日本共産党は不屈の党、雨なんぞに負けてるわけにはいかないぞー)
傘に当たる雨音に負けまいと、つい訴える声に力が入ります。

ところで、伊豆の国市は旧伊豆長岡町の地域だけが5区、旧韮山町、旧大仁町は6区に分かれます。
説明すると「変なわけ方ですねえ。どうやって決めてるんですか?」と聞かれます。
小選挙区の区割りは単なる人数合わせで、行政区や地域のつながりなど全然お構いなしです。民意切捨ての小選挙区制の弊害のひとつです。

2012年11月16日 (金)

富士清澄なり

富士清澄なり

今日の富士山は、澄みきって静かなたたずまい。まさに清澄という言葉がピッタリでした。
夕方、衆議院は解散して、事実上の選挙戦に突入です。
澄みきった心で、選挙戦をたたかい抜こうと、あらためて決意を固めました。

2012年11月15日 (木)

お返し御免ください

2_2 いつも、コメントをくださるみなさま、本当にありがとうございます!

お返しコメントをしなくて申し訳ないのですが、しっかりと読ませていただいています。

「コメントを受け付けているなら、お返しのコメントをしないのは失礼」とのご指摘をいただきました。

実は、ブログを始める時にどんな設定にしようか検討したのですが、私の能力的にコメントに全てお返事するのは難しいと考え、お返事はしないことに決めました。

今のところ、お返事が困難なほどのコメント数ではありませんが、悪しからずご理解ください。

その分、更新の回数をふやすように努力していきます。これからも、どうぞよろしくお願いします。

2012年11月14日 (水)

いよいよ解散!

Photo 塚平育世町議とパサディナ区の後援会のみなさんの所をまわっている最中に、「16日解散って言っているよ」との情報をいただきました。

「最速で16日解散」というのは折りこみ済みでしたが、一方で急転直下という感じも受けました。

さあ、いよいよ解散、総選挙です!

ガタガタ、ぐずぐずの古い政治の悪あがきを許さず、今度こそ!本当に国民・庶民のためのまっとうな政治を勝ち取る選挙にしようではありませんか!

「日本共産党が大きく伸びて、そこから政治が良くなったよね」と言えるように全力をつくして頑張りますっ!!

2012年11月12日 (月)

センターは日本共産党

Photo 「共産党は偏(かたよ)っている」と言われることがよくあります。

民生委員さんなどに「しんぶん赤旗」をすすめると「中立の立場ですから」と断られることも。

そんな時「日本共産党こそ、ド真ん中の党なんですよ」と言ったりします。

日本共産党は、綱領で「現行憲法の前文をふくむ全条項をまもり、とくに平和的民主的諸条項の完全実施をめざす。」と明記しています。

国民主権・平和主義・基本的人権の尊重を規定する日本国憲法を「全面的に守る」と宣言している党を「偏っている」というのはちょっとヘンな気がします。

「憲法変えろ!」といって、圧倒的多数の庶民より一握りの大金持ち、財界の側に立つ政党こそ、相当偏ってるんじゃないでしょうか。

2012年11月11日 (日)

雨空に原発NO!

5 今日は、東京の「11・11反原発1000000人大占拠」に呼応した「原発なくそう三島ウォーク」に「原発なくそうミツバチの会」の仲間とともに参加しました。

午後1時半の集合時間に合わせるかように雨がポツポツ…。
結局、三島市役所のスタートから三島駅のゴールまで降り続けました。

灰色の雨空に向かって「原発いらない!子どもを守れ!」と声の限りにコール。
コールの合間には「でんでんむし」の替え歌を歌いながら、三島の繁華街をパレードします。

2 ところで、この替え歌、ハーモニカでプカプカと前奏を入れてくれるのです。
♪ぜ~んぜん、い~らないげ~んしりょく~、お~まえのみ~らいは核のゴミ~、子どもの未来をよごす~だけ~♪
マジメにやってるんですがテンポがゆるいので、妙になごんでしまうんです。

繁華街といっても人通りは少なくて、熱烈歓迎!的な反応はいまいちかな?
でも車の中や、建物の中から手を振ってくれる人もあって励まされました。

やっぱりみんなで声を出してパレードすると元気が出ますね!

2012年11月10日 (土)

ドタバタばかり…

2 国民のきびしいくらしなど目もくれず、党利党略に明け暮れる政党。
そのドタバタをマスコミは、相も変わらず、ただ野次馬的にたれ流しています。

こうした報道は、政治に対する失望や不信を広げるだけではないでしょうか。
中身のない政党がくっついたり、離れたりしているのを見せられて、しんぼう強い国民も「なにょーやってるだ!(島田弁)」と怒り、あきれ返ってしまいます。

「政党の液状化」が言われる中で、「まともな政党は日本共産党しかないよね」と励まされることが多くなりました。

1_2 領土問題にしても消費税、原発、TPPなど国政の課題を国民の立場で解決する展望を持つ本物の国民政党・日本共産党への関心、注目が高まっています。

国民の声が生きるまっとうな政治にするためには、国民の立場で絶対にぶれない日本共産党が大きく伸びるしかありません。

「3.11」を経験したこの国が、何もなかったように「命よりカネもうけ」の政治をズルズル続けていいわけない!と強く思っています。

2012年11月 9日 (金)

候補者会議

Photo 7日、東海4県の国政候補者会議のために名古屋に行ってきました。

河江明美衆院比例候補、もとむら伸子参院候補、愛知、岐阜、三重、静岡各県の衆院小選挙区予定候補が一堂に集まり、活動交流しました。

すでに1年以上活動されている方から、3日前に候補に決まった方まで、さまざまな状況で頑張っている皆さんの活動が活発に語られました。

「共産党はマジメなばかりで…」と思われがちですが、めざす所は同じでも個性豊かな発言を聞いていると、共産党のふところの深さを実感します。

(こういう私も、どちらかというと型破りのほうかもしれません。)

「650万票、議席倍増」をやりとげる先頭に立つ決意をあらたにしました。

2012年11月 6日 (火)

ミツバチ二本松へ

Photo 以前お知らせした鎌仲ひとみ監督のDVD上映会の収益とカンパで20万円の支援ができました。

函南の「原発なくそうミツバチの会」が中心になって企画した上映会は当初、券の売れ行きが鈍くて心配しましたが、40名ほどの当日売りもあって収益を出すことができました。

11月2日、ミツバチの会の仲間7人が福島県二本松市の真行寺同朋幼稚園に出向いて、函南町丹那の東部農協の乳製品10万円相当を贈りました。

牛乳プリンなど、さっそくおやつに出していただいて、子ども達にも喜んでもらえたということです。

2 また、子ども達が安心して遊べるように除染をした広場にトイレを設置するための費用の一部として10万円を寄付しました。

除染をしたとはいえ、空間線量は0.18~0.21マイクロシーベルト毎時と、函南町での数値の2~3倍だということでした。

被災地の皆さんが懸命に子ども達を守ろうと頑張っているのに、復興財源が流用されて、必要な被災地に回らないなど許せません。

そのうえ、この期に及んで原発再稼動など、正気の沙汰ではありません。

2012年11月 5日 (月)

さんまサイコー!

Photo_3 4日は富士市後援会の「さんま芋煮会」に招いていただきました。

日本晴れの秋空の下、富士山も雪化粧して出迎えてくれました。

岩手から送られたさんまは鮮度抜群。後援会の板前さんがさばいてくださったお刺身はプリップリで、えもいわれぬ美味しさ!

2_2 心づくしの豚汁は味噌としょうゆの2種類あって、思わず両方いただきました。

西村市議お手製のさんまの煮物、炭火焼のさんまの塩焼き、おにぎりなど、どれもみんなお世辞でなくほんとうにおいしかったです。

後援会のみなさま、ごちそうさまでした。

お腹イッパイにごちそうをいただいて、またまたエネルギー満タン!

さあ、選挙本番に向けて飛ばしますよ~っ!

富士山紙フェア

Photo 昨日(4日)ふじさんめっせで開かれた富士山紙フェア(プレイベント)を見学しました。

7月の「紙のまちを考えるシンポ」で、訪問させていただいた紙業関係業者のみなさんも多く出展されるということで、楽しみにしてきました。

当日は2日目でしたが、お客さんもたくさん来ていて、紙すき、紙紐手芸など、さまざまな体験コーナーが人気のようでした。

2 富士市出身のアーチスト、一ツ山チエさんの大きな紙の動物たちに子どもたちは興味深々。

バイソンの前で記念写真「ピース!」

特殊東海製紙(株)が毎年行なっている「紙わざ大賞」の受賞作品の展示もあって、多彩な内容でした。

来年度に開催される「第1回富士山紙フェア」のプレイベントとしての企画ということでしたが、会場でとっていたアンケートの結果はどうだったのでしょうか。

シンポ後の懇談会の際に「バイヤーに来て欲しい」とおっしゃていた社長さんもおられましたが、成果はあったのでしょうか。

4 このイベントで次につながる成果が得られるといいなと思いながら会場を後にしました。

2012年11月 3日 (土)

11・11さよなら原発三島ウォーク

Dscn0397_10

  「11・11反原発100万人大占拠」に呼応して、三島市でパレードが行なわれます。

  東京にまで行けない人も、地元の集会、パレードに参加しましょう!

   函南の「原発なくそうミツバチの会」も三島に合流しま~す!

      一緒にアピールしよう!

       さよなら原発☆三島ウォーク

        11月11日(日)
              13:30三島市役所集合 
             13:45~出発集会 
             
14:00三島市役所スタート
                    ↓
                   広小路
                    ↓
                  細野豪志事務所
                    ↓
                  本町交差点
                    ↓
                 楽寿園三島駅前口ゴール

        お問い合わせ ℡ 055-981-0408
                  「さよなら原発」三島連絡会
                   

2012年11月 2日 (金)

「どこがやっても同じ」か?

Photo_2 「いまの政治、あんまりひどすぎますよね?」と話しかけると「ほんとだよ、どこがやってもおんなじだ!」と返ってくることが、よくあります。

テレビなどでも、インタビューで「誰がやっても変わらない」というようなあきらめのコメントがやたらと流されます。

ほんとうにそうでしょうか?

悪政に一度も手を貸さずに、一貫して国民の側に立って奮闘している「既成政党」日本共産党が、ちゃんとあるじゃないですか。

「どこがやっても同じだから、もう選挙なんか行かないっ!」という有権者が、増えれば増えるほど都合が良いのは誰でしょう?

今の政治を牛耳っている権力者たちです。

あきらめてしまったら、まさに「不戦敗」、私たちの負けです。

Photo_3 では、選挙で「日本共産党躍進!」となったら、どうなると思いますか?

一般新聞でも「消費税増税、原発再稼動にノーの審判」「TPP、オスプレイ配備にもきびしい批判」と書かざるを得ないでしょう。

国民の声(世論)を示すのが選挙です。選挙で政治を変えていくしかないんです。

3・11後、最初の国政選挙です。

あきらめないで、デタラメ政治を大元から変えていきましょう!

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »