« スポンサーは国民 | トップページ | 11・11さよなら原発三島ウォーク »

2012年11月 2日 (金)

「どこがやっても同じ」か?

Photo_2 「いまの政治、あんまりひどすぎますよね?」と話しかけると「ほんとだよ、どこがやってもおんなじだ!」と返ってくることが、よくあります。

テレビなどでも、インタビューで「誰がやっても変わらない」というようなあきらめのコメントがやたらと流されます。

ほんとうにそうでしょうか?

悪政に一度も手を貸さずに、一貫して国民の側に立って奮闘している「既成政党」日本共産党が、ちゃんとあるじゃないですか。

「どこがやっても同じだから、もう選挙なんか行かないっ!」という有権者が、増えれば増えるほど都合が良いのは誰でしょう?

今の政治を牛耳っている権力者たちです。

あきらめてしまったら、まさに「不戦敗」、私たちの負けです。

Photo_3 では、選挙で「日本共産党躍進!」となったら、どうなると思いますか?

一般新聞でも「消費税増税、原発再稼動にノーの審判」「TPP、オスプレイ配備にもきびしい批判」と書かざるを得ないでしょう。

国民の声(世論)を示すのが選挙です。選挙で政治を変えていくしかないんです。

3・11後、最初の国政選挙です。

あきらめないで、デタラメ政治を大元から変えていきましょう!

« スポンサーは国民 | トップページ | 11・11さよなら原発三島ウォーク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事