« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

笑っていたいが…

Photo 「笑いは免疫力を高める」と言われています。

健康に良いからというだけでなく、だれだって毎日ニコニコして暮らせたらどんなにいいでしょう。

でも、いまの世の中で起きていることを見ると、とても悠長に笑っていられません。

特に政治の世界は悲惨といってもいいような状況ではないでしょうか。

福島原発事故から2年、いまだに深刻な事態は進行中というのに、海外に原発を売り込みに行く首相。

Photo_2 慰安婦発言で国内外からキビシイ批判を買っても居直る大阪市長。

「やっていいこと、悪いこと」「言っていいこと、悪いこと」あるでしょ!

あー、また怒りがフットーしてしまいます。

怒りを通り越して「ここまで墜ちたか」と情けなくなってきます。

参院選が近づいています。

こんな政治をまだ許すのか、今度は私たち大人が試される番です。

2013年5月26日 (日)

色あざやか

色あざやか
色あざやか
清水駅前マリナート大ホールで開かれた日本共産党演説会に行ってきました。
笠井さんの話では、橋本発言問題での緊急TV番組に「共産党が出ないと番組にならない」と出演要請があったということでした。
確かにそうですね。今の国会の中で、国民の立場でしっかりものを言えるのは日本共産党だけとマスコミもわかっているんです。

2013年5月22日 (水)

ピュアな感性

Photo 県母親大会で「障がいがあっても安心して生活するために」という分科会に参加しました。

障がい児の保護者の方、障がい者の作業所関係の方、障がい児教育に携わっている方など、いろいろな立場から意見交換がされてとても有意義な会合でした。

私は議員経験のなかで、障がい者の方たちの就労の場が圧倒的に足りないことや、作業所の仕事は内職的なものがほとんどで、それぞれの個性を生かすような創造的な仕事がとても少ないと感じていました。

Photo_2 助言者の吉田恵美子先生は特別支援(養護)学校の先生ですが、障がい児・者の芸術活動をサポートする活動をしていらっしゃいます。

そこに通う生徒さんたちの描いた絵が会場内に展示されていましたが、「天衣無縫」という言葉がぴったりの実にノビノビした作品ばかりです。

障がいはマイナスと見られがちですが、表現の分野ではそのピュアな感性が、むしろ大きなプラスになっているように思えます。

30 ところで、函南には障がい者の方に織物を教えている「楽糸(いと)」という施設があります。

最近は特別支援学校の生徒さんもみえるそうで「常識を跳び越えた自由な発想の作品にこちらまでわくわくさせられる」と施設長の加藤さんがおっしゃいます。

展示会を開いているということですので、よかったらお出かけ下さい。

障がいのある人もない人も、お互いに認め合い助け合って暮らせるような、やさしい国にしたいですね。

2013年5月21日 (火)

行進は続く

行進は続く
行進は続く
昨日は平和行進に参加しました。平日で雨という悪条件でしたが、スタート集会には60人を越える人が集まりました。
地元から森延彦函南町長も出席して、激励の挨拶をして下さいました。
「核兵器のない世界!」「いいねー〓」旧下田街道に元気な声が響きます。地道に、でも粘り強く続けることが平和を作る力になります。

2013年5月19日 (日)

おばあちゃんのサクランボ

1_2 我が家のサクランボが実りました。

ほとんど何も手を入れてないので、とても売り物にはならない小さな実が鈴なりです。

でも、ごくたまに自然が摘果したように、大きな実がひとつだけ成っている枝には「これなら千疋屋で一個500円で売れるね~」というのもあります。

いろんな表情の実がありますが、なんといっても取ったばかりの超フレッシュなサクランボ。Photo_2 その新鮮な香りは、ちょっと口では言い表せないほどです。

こんな美味しいサクランボを味わえるのも、いつかの台風で倒れそうになった若木に支えをして可愛がっていたおばあちゃんのおかげです。

2013年5月18日 (土)

あふれる言葉

Photo ネット選挙が解禁になるので日本共産党の志位委員長も遅ればせながらツイッターを始めたとのことです。

ちょっと覗いてみると、けっこうマメに更新しています。

長い演説は何回も聴いたことがありますが、日常会話モードで語りかけるような感じで親しみがわきます。

一方ではツイッターで人格を疑う暴言をわめき散らすトンでもない「政治家」もいます。

求めればいくらでも入ってくる情報。

あふれる言葉に振り回されないようにしたいものです。

2013年5月13日 (月)

あきらめない女たち

Photo_2 12日の「母の日」静岡県母親大会に行ってきました。

前日の雨も上がり、よいお天気に恵まれて藤枝西高校は1700人を超える参加者であふれました。
年に一度の県大会では、同窓会のような出会いがあります。
午前中の分科会、教室のなかを覗くと、どこかで見たような顔が…?
なんと高校の時のバレー部の後輩が分科会の司会を担っているではありませんか。
「キャー、久しぶり~、元気?」と一瞬で女子高生気分に戻ってしまいます。

Photo_3 午後の全体会、記念講演の講師は後藤宣代さん。
福島に住み、フクシマと世界を結んで発信し行動している方です。
原発震災を実際に体験しているだけに、強く深い思いのこもった訴えが心に響きます。

「母の日」の一日、バッチリ学んで、交流を深める母親大会はPhoto_4 元気回復効果バツグンです!

2013年5月11日 (土)

ひど過ぎる

Photo 自民党の改憲草案をぜひ一度読んでみて下さい。

自衛隊に国防軍という名前をつけて、正式に軍隊と認めるなんて単純な話ではありません。

基本的人権は政府の都合でいくらでも制限できる信じられない内容です。

Photo_2 どうすれば、こんなヒドイ憲法を書けるかなーと呆れます。

まったく冗談じゃありません!

※写真は現憲法公布の10ヶ月後に発行された、中学1年生向けの教科書「あたらしい憲法の話」の復刻版

2013年5月 7日 (火)

お土産

Photo 連休に帰省した息子の東京みやげは、「舟和」のあん玉とはいっても、その名も「ぱん玉」!
見ての通り、かわいいパンダのあん玉です。
可愛いすぎて食べるのがもったいな~い!と言いつつバッチリいただきました。

連休中は伊豆の観光地も、ある程度賑わったようですが、伊豆に入る道路はそれほど混みませんでした。
住民にとってはいいようでも、観光関連の方たちにとっては「連休になると、どこも車が混雑して大変だよ」と言うくらいでないと困るわけで…。
まだまだ本格的な景気回復には程遠い状況です。

そういう私自身も、どこにも行かずに家の中の片付けで終わってしまって地域経済に貢献できませんでした。

2013年5月 4日 (土)

夜明け

Photo_2

風もない静かな夜明けでした。

少しづつ明るくなっていく東の空の薄紅色をとらえることができたでしょうか。
富士山もほのかに染まっていますが、カメラのレンズを通した画像は肉眼で見た印象とずいぶん違っています。

Photo_3

昨日は沼津であった憲法集会にでかけ、気鋭のジャーナリスト斎藤貴男さんの講演を聞くことができました。

Photo_4 以前、『税が悪魔になるとき』という本をご紹介しましたが、権力におもねる御用ジャーナリストたちとは全く違います。

NHKをはじめとしてマスコミ報道が、憲法問題を「賛否両論あります」程度の議論に矮小化しています。

「あんた方は、また同じ過ちを繰り返すつもりなのか!」と腹立たしく、またまた血圧があがっちゃいます。

ゆがんだマスコミのフィルターを通すと真実が伝わらず、国民がよくわからないままに世論誘導されていって、いつの間にか人権無視の立派な軍事国家になっていたなんて…。冗談じゃありません!

「ん~、よくわかんないから、パス!」なんて言ってる場合じゃありませんよ。ホントに!

2013年5月 3日 (金)

有明の月

有明の月
有明の月

新聞配達の朝、ふと見ると西の空に有明の月が浮かんでいました。
ほととぎす 鳴きつるかたを眺むれば ただ有明の月ぞ残れる
百人一首などでも有明の月を歌ったものが多いですね。この歳になって、その美しさを感じられるようになった気がします。

2013年5月 1日 (水)

5月になると

Photo 5月になると 反射的に 心に浮かぶ歌と詩があります。

まずは「5月の歌」 3拍子でど~ぞ!

♪楽しや5月 草木は萌え 

小川の岸に スミレ匂う 

優しき花を 見つつ行けば

心も軽(かろ)し そぞろ歩き♪

曲はモーツアルトらしいです。2番はすっかり忘れて、1番のみをリフレインして歌っております。

もうひとつは、去年亡くなった森光子さんが主演していたTVドラマのなかで、森さん扮する「パンツ屋のおばちゃん」が、折に触れ口ずさむ短い詩です。

貧しいから あなたにあげられる物といったらPhoto_2  

やわらかな5月の若葉と 精一杯愛する心だけです

 でも 結婚してくれますね 

  でも 結婚してくれますね…

暑くも寒くもなく爽やかで、明るい光に新緑が目にもあざやかなこの季節は「平和のありがたさ」をより強く感じます。

さて、5月といえば、母の日。母の日といえば…静岡県母親大会!

今年は藤枝西高が会場です。

1 「生命(いのち)を生みだす母親は生命を育て生命を守ることをのぞみます」をスローガンに開かれている母親大会。今年で県大会は51回目になります。

安倍首相が憲法改悪を本気で企んでいる今、平和を守るお母ちゃんたちが力を合わせる時です。ぜひ、みなさんもご参加ください!

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »