« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月22日 (月)

めでたさもも中くらいなり…

Photo 比例5議席、選挙区は12年振りの獲得で3議席!改選3議席の倍増以上の8議席獲得で躍進!

「やった~!ばんざ~い!」と大喜びしていい結果なのですが、心から喜べない私がいます。

都議選に続く低投票率だったことで選挙には勝てましたが、目標の650万票にはるかに及ばず、函南町でも比例は「維新」の後塵を拝する結果でした。(「みんな」にはなんとか勝ったけれど)

静岡選挙区で頑張ったもり大介さん、初挑戦にもかかわらず115411票を得ましたが、第5位に終わりました。(総選挙の時もそうでしたが、選挙戦での手ごたえが得票に反映しきれない課題が残ります)

Photo_2 さて、自民党(ボスキャラ)がますます肥大化してのさばり、戦いはますます厳しく、熾烈になります。

国民の願いとの「ねじれ」はますますひどくなることが予想されます。国会内はもちろん、国会の外で私たちの運動をもっともっと強めなくてはと思うと身が引き締まります。

そうはいっても、「躍進は躍進」。マスコミには無視され反共キャンペーンにさらされ続けているにもかかわらず、日本共産党に期待をかけ大切な一票を投じてくださったすべてのみなさんに心から感謝いたします。

これからも頑張ります!

2013年7月20日 (土)

アベはヤベー

Photo

選挙戦も最終盤。電話で声の全戸訪問に挑戦中です。

「あれもだめ、これもだめ」の選挙法のなかで、自由にできるのは電話を使った支持依頼です。

本来なら対面で直接話をする方がよいのですが、不特定多数への訪問活動は禁止されています。(ヘンな法律です)

相手の顔が見えない中での対話ですが、なるべく相手の方の関心事を伺うようにしています。

特に女性で特徴的なのが「原発」と「憲法」の問題です。

「安倍首相が原発再稼動や9条を変えると言っているのは困る、こわい」と返ってきます。

「マスコミは自民大勝といってますが、そうなったら私たちが望まない方向にどんどん進んでしまいますよね。安倍政権の暴走にしっかりブレーキをかけられる日本共産党を応援してください」と訴えると「そうですね、わかりました」と言って下さいます。

あと1日ですが、「99%の庶民の党」を伸ばすために最後のひと踏ん張りです!ファイト!

2013年7月16日 (火)

もり大介 伊豆半島を爆走!

Photo_4

         今日(16日)もり候補は、伊豆半島南部を一日かけて
         駆け巡りました。

Photo_5 松崎町では商店街のみなさんがもり候補の話に聞き入っていました。

県外からの観光客からも盛んに手が振られ「ご支援ありがとうございます!」のアナウンスが途切れなく続きます。

Photo_7 今日は朝から雲がかかって、富士山が見えないのは残念ですが、遊説にはしのぎやすいお天気です。

6_2 南伊豆町の「道の駅 湯の花」では、冷たい生ジュースの差し入れをいただきました。

道すがら、若い人たちからの手振りが目立ちます。

「ブラック企業を追及できるのは日本共産党だけです!」

9_2 伊豆急下田駅の近くには風車のデコレーションがありました。町おこしに地元のみなさんは涙ぐましい努力をしているのです。

12 お店の前で訴えましたが、演説が終わって店のご主人(?)もり候補とガッチリ握手!激励してくださいました。

誠実な訴えに、もりもり人気が上がっています!

15 河津町、スーパーあおきの近くでの演説。

買い物客のみなさんの注目を浴びました。

「くらしも営業も財政も壊す消費税増税は、なんとしてもストップさせましょう!」

16 私が車から降りた伊豆高原駅。駅近くで演説をしているもり候補の訴えをじっと聞いている方がありました。

峠を上り下り、くねくね道を右に左に揺さぶられ、駆け抜けた伊豆半島。

日本共産党への熱い期待を感じた一日でした!

勇気もりもり、もり大介、悪政ストップがんばります!

         

2013年7月15日 (月)

見る見るうちに

Photo 晴れても霞がかかり、富士山の見えない日が続きましたが、昨日はやっと見ることができました。

「おっ、見えた見えた」と思っているうちに、頂上付近に雲がかかり、シャッターチャンスを逃してしまいました。

マスコミが世論調査で「共産党が伸びるかも」と流しているうちに、ウカウカしてたら雲がかかってしまうかもしれません。

情勢は刻一刻と変化します。まさに一瞬一瞬が大事です。

Photo_3 もり大介候補は、明日、西伊豆・松崎から伊豆半島南部をグルリと廻って下田・賀茂地域を遊説します。

私も朝から候補者カーに乗って、もり大介候補をサポートします。

いよいよ最終、胸突き八丁!全力で訴えぬきます!

(暑い日が続いて稲の苗はぐんぐん育っています)

ねじれているのは…

Photo まー、凝りもしないでまたまたやっております、マスコミのミスリード。

NHKは選挙報道の枕詞に「ねじれ解消なるかが焦点」などと言っています。

人間、何度も何度も聞かされているうちにホントにそうだと思い込んでしまいます。

先日、ビラ配りをしていたら「ねじれがあるからね~」と真顔でおっしゃる方がいて、けっこう染みちゃうんですね。

10日午前中、政党カーの弁士として伊東市内7箇所で訴えました。

Photo_3 「ねじれているのは、衆院と参院というより、国民の願いと今の政治の方じゃないでしょうか?
衆参のねじれが解消したらどうなりますか?
あんなにイヤでイヤで、やっと片足抜け出した自民党政治に逆戻り、元の木阿弥!
前よりも危険すぎる安倍独裁政権の完成なんじゃないですか?」

そんな問いかけをしながら、安倍自公政権の暴走にストップをかける日本共産党への支持を訴えました。

2013年7月14日 (日)

元気です!

Photo_4 連日の猛暑で、熱中症にかかる人が毎日数百人、亡くなる方も後をたちません。
選挙をするには、あまりにも酷な条件です。

外出を控えて家の中にいると、テレビから涼しい顔をして「日本を取り戻す」などと他党のCMが流れてきます。
(元はといえば国民の税金と思うとホントに腹が立ちます)

Photo_5 日本共産党は税金山分けの政党助成金は受け取っていませんから、お金のかかるテレビCMはできません。
ですから、政策宣伝は人の力が主役です。
汗をかいてチラシを配り、街頭から生の声で訴えます。
(変な話ですが選挙期間中は拡声器の使用が限定されるのです)

Photo_6 今日も街頭から、みんなで元気にアピール!連日宣伝に挑戦中です。

行動が終わったら、熱中症にならないように水分補給は忘れません。

2013年7月 8日 (月)

「ええ加減にさらせやぼけえ!」?!

Dscn1139 ついに、おおば桃子の地金がでたか?と思われた方もあるのでは?

実は、このセリフ日本共産党のホームページに載ってるのですからビックリです。

今度の参院選からネット選挙が解禁となって、どの党もいろいろな企画を打ち出しています。

自民党の「あべぴょん」ゲーム(う~ん、思い切りダサイ)、民主党は「細野サンとツーショット」(意味不明)などなど…。

日本共産党の切り札は、なんと!ゆるキャラ大爆走の「日本共産党カクサン部!」

「ぼけえ!」と雄たけびを上げているのはカクサン部原発問題担当の「オテントSUN」。

政府や東電が福島事故の反省もなく、再稼動や原発輸出をすすめようとしていることに怒りバクハツして、思わず!

(ま、そーだよねーワカルワカル)

Photo とにかく「カクサン部」は「もっと政治を知ってほしーっ!もっと政治を楽しんでほしーっ!ついでに日本共産党を好きになってほしーっ!」ということで集められた特命チームということです。

なかなか評判が良くて、アクセス数すでに43万回を超えたそうです。ぜひご覧になってください!

http://www/jop.or.jp/kakusan/  からどうぞ

2013年7月 6日 (土)

もり候補、第二の故郷へ

Photo 選挙戦2日目の昨日、もり大介候補が伊豆に入りました。

今日付けの『伊豆日日新聞』でも紹介されていましたが、もりさんは今年2月まで伊豆地区委員会事務所に勤務していました。
参議院候補となって静岡に戻りましたが、伊豆地区内を駆け回って活動してきたもりさんにとって伊豆は「第二の故郷」ともいえるところです。

Photo_2 雨模様の朝、伊豆の国から入り、函南、三島と遊説しました。

ほんの3~4ヶ月ですっかり候補者らしくなり、ハッキリとした声で堂々と訴える姿を見ると「人には無限の可能性があるな~」と、つくづく思います。

もりさんが候補の話を受けた時に「候補者の経験はないので自信はないが、チャレンジしようと思った」と言っていました。
Photo_3 「チャレンジしよう!」その志(こころざし)が尊いと思うのです。

悔いのないようにゴールめざしてがんばりましょうね!

(撮影:内田伊豆地区委員長)

2013年7月 4日 (木)

もり大介・盛り上げ・プロジェクト(MMP)始動!

Photo_2 いよいよ参議院選挙が公示になりました。

静岡選挙区では、我らが「もり大介」さんが元気いっぱい選挙戦のスタートを切りました。そして、ネット選挙も解禁!もりさんを良く知る私としては、ブログを使って「もり大介・盛り上げ・プロジェクト」略して「MMP」をスタートすることしました。

さて、公示の朝、どしゃ降りの雨の中を車で走っていたら、掲示板の一番目立つ所にもりさんんの笑顔が!(おー、 イチバン!クジ運いいねー)

他候補のポスターを見ると、同じような「力(りき)みポーズ」なのに対して、もりさんの柔和な笑顔には、何かホッとするような癒しパワーを感じます。(まあ、すごくセンスがいいとはいえないけれど…)

もりさんは、ポスターの笑顔の通り、本当に人柄が良いんです。今日、お会いした方も「いつも、ニコニコ優しい笑顔で、とても感じのいい人で応援したくなります」とおっしゃるので、思わPhoto_3 ず「はいっ!ドンッドン応援してくださいっ!」と最敬礼しました。

もりさんは根っから優しい人ですが、ただナヨナヨしてるのではないですよ。弱いものイジメや、理不尽なことには「許せない!」と立ち向かう硬派です。だから、日本共産党なんです。

カネのあるものが幅を利かす世の中で、苦しめられている大多数の普通の人たちの味方が日本共産党なんです。何が悲しくて「大金持ち、庶民イジメ代表」の党を応援しなくちゃいけないんでしょう。私たち庶民のために変わらず頑張っている日本共産党と「もり大介」さんを、ぜひご支援ください!

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »