« 新たな入学式 | トップページ | ごめんね。 »

2017年4月 8日 (土)

「化粧」を見たんだけど

Photo
何だか、いつまでも心に残るものを見ました。
平淑恵さん演じる「化粧」というお芝居です。

始めは、本当に独り芝居なのかな?
とおもってずっと見ていたのだが、あまりに居心地が悪い。

雷で楽屋が揺れたり、楽屋もあまりに汚い。
いろんな人がいるようだけど、本当はそこにいるのじゃない。

元々、こんな楽屋は存在してないんじゃないの?
五月洋子さんが、死の床にあって死ぬ間際に見てる夢?を
見ているみたいな感じ。

芝居が終わっても、拍手する場所がわからない。
平さんに、どういう反応を見せたらよいのかわからない。

分からないんだけど女芝居の人生の悲哀が
伝わってくるお芝居でした。

« 新たな入学式 | トップページ | ごめんね。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589178/65125038

この記事へのトラックバック一覧です: 「化粧」を見たんだけど:

« 新たな入学式 | トップページ | ごめんね。 »